農家が教える「農」のあれこれ

農業初心者ガイド

未分類

農業はストレスフリー?農業の良いところを紹介

投稿日:

最近人気が出ている農業ですが、いまだに農業のイメージって悪いイメージが多く感じます。

農業のイメージと実際の良い所を書いていきます。

農業のイメージ

農業の悪いイメージを見ていきます。農業といっても米作り、野菜作り、畜産などかなり幅が広いのでここでは米、野菜作りを想定して見ていきたいと思います。

3K

3Kとは「きつい」「汚い」「かっこ悪い」頭の文字をとったもので、昔から言われています。

昔は本当に3Kだったかもしれませんが、今は少し異なっています。

機械化であったり、技術が確立したことにより大幅に重労働などは効率化されています。

「きつい」に関して確かに夏の作業なんか暑くて大変ですが、これも機械化により改善されています。

農業従事者の平均年齢は60歳を超えていますので、70歳を超えたおじいちゃん、おばあちゃんでもやっていることなので、体力面は安心して大丈夫です。

「汚い」は確かに土がついたりして汚れる時もあります。でも、洗濯するのでOKだと私は思います。

汚れもの専用洗濯機を設置してそこで洗っているので、普段着と混ざることないので家族からもクレームは出ません。

「かっこ悪い」に関しては、個人的にはどうでも良いですが・・・・

最近ではオシャレな作業着も出てきているのでかっこ悪さはないです。

農業という職業自体がかっこ悪いというのは気持ち次第かと思います。

収入が低い

これは確かにそうです。

確かに全国平均を見るとサラリーマンと比較して年収は低いです。

3Kを気にするより、どのように収益を拡大するかが一番問題です。

農業全体の課題であり、私自身の課題でもあります。

近所付き合いが大変そう

農業をやるとやはり田舎に住むことが多くなります。

これは農地が田舎に多いからです。都会では農地なんかほとんど余ってないですよね。

農業の良いところ、メリットは?

上で書いたことを見ていると農業って”大変そうだし” ”収入が低いし”で良いところが無さそう・・・・

農業のいいところありますよ。

では農業のいいところを紹介していきます

ストレスフリー

まず大きいのがストレスに関してです。

サラリーマンだとストレスがかかることが多いですよね。

満員電車ので通勤、上司からのわけのわからない指示、全然仕事をしない先輩や後輩などなどストレスにかかりっぱなしです。

一方の農業だと軽トラで畑まで出勤、そこで作業になるので満員電車のストレスなんかありません。

また独立してやっている場合は、自分1人なので上司からのストレスからもおさらばできます。

さらに土を触ることでストレスがドンドン下がっていきます。

ストレスフリーは農業の大きなメリットですね。

美味しいと喜んでもらえる

農業の醍醐味といえば自分で試行錯誤しながら作った農作物を食べてくれた人からの「美味しい」と喜んでもらえることです。

サラリーマンでも感謝されることがあるのですが、その喜びはサラリーマンとは比較できないほど大きいです。

工夫次第で大きな収入を狙える

一般的に農家は収入が低いのですが、工夫次第で大きな収入が狙えます。

機械化などで効率的に作業できるようになりましたが、まだまだ無駄なことや非効率なことが多々あります。

無駄や効率化においても意外と基本的なことができていないことが多々ありますので簡単に改善できたりします。

収入を伸ばすのはどの産業でも同じですが努力次第です。

新鮮でおいしい野菜が食べれる

とれたて野菜が食べられるのも農家の特権です。

また近所からも野菜や果物のおすそ分けが頂けますので美味しい旬な野菜・果物を年中食べることができます。

家族との時間が多く作れる

通勤時間の削除の効果もありますが、家族との時間が多くとることができます。

都会のサラリーマンだと通勤に1時間かかることなんて普通なので、平日は家族と過ごす時間がかなり少ないです。

オススメの貸し農園

シェア畑

超初心者でも手ぶらでOKな貸し農園

貸し農園サービスの中でも一番オススメ!

農作業はストレス発散に効果的なので30代の子育て世代に大人気。

迷ったらココで間違いなしです。

-未分類

Copyright© 農業初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.