農家が教える「農」のあれこれ

農業初心者ガイド

未分類

農家とサラリーマンの違いは?比較してみました

投稿日:

農家とサラリーマンの違いはなんでしょうか?

農家とサラリーマンはどういったイメージを持っていますか?

サラリーマンは会社員に属しているのでガチガチに縛られており、残業もあって体力・精神的に辛い。

一方、農家は田舎でのんびりマイペースでやっていける。でも収入は会社員より低い。

そういったイメージをお持ちの方多いのではないでしょうか?

もう少し細かく農家とサラリーマンの違いについて比較していきたいと思います。

平均年収はサラリーマンの方が高い

年収に関しては1番気になる項目になると思います。

農家ってどのくらいの所得になるんですかね。

全国平均
水田作経営 53万
畑作経営 272万

水田作経営の全国平均農業所得  53万円・・・

えー!何これ!めちゃくちゃ低いじゃん!

驚きです。

この金額は売上から肥料代などの経費を引いた金額になります。

しかしながら53万円だと生活できないですよ・・・・

水田作経営では、稲作がメインになってきています。

兼業農家が多いことからわかりますが、稲作メインでは工夫しないと儲けはかなり少ないです。

水田作経営では大量生産をしないと儲けに繋がってきません。

その典型的な例が北海道です。

全国平均では、53万円ですが、北海道だけを見てみると600万円になっています。

これは北海道では、耕作面積が全国平均の10倍になっているためです。

一般的な農家では北海道のように大規模な土地で生産できないため、低い収入になっています。

一方サラリーマンの平均年収は442万円です。

農家の全国平均と比べると高収入になっています。

しかしながら、年収だけでは比較することができないので様々な要素を考慮しなければなりません。

ストレス度

ストレス度が高いのは圧倒的に会社員です。

農業は会社員に比べて精神的ストレスがかなり低いです。

会社員のような満員電車のストレスは皆無です。

外での作業がメインになるので夏の草刈りが暑いというのは辛いですが、机に座ってパソコン作業をするのとどちらが辛いかってのはありますね。

労働時間は?

2016年度の平均労働時間は年間1991時間であった。

一年のうち約2000時間も仕事しているのかと思うと驚きですね

じゃあ、農家は?

農家は何を作るかで変わってきています。

しかし、平均を取ると会社員より長く2000時間オーバーは当たり前となります。

例えば、畜産は労働時間が長くなっているのが特徴です。

稲作の場合は、10a(アール)あたりの労働時間は、24時間と野菜などに比べてかなり少ないです。

これは田植え、稲刈りなどが機械化が大きく貢献しています。

労働時間が短いからいいとは言えずに同じ面積でも売れる値段が全然違います。

各種保険は?

加入が必要な保険は大きく2つあります。

健康保険と年金です。

会社員は、健康保険組合や全国健康保険協会へ加入できるため、保険料は会社が半額負担してくれます。

年金も同様で会社と折半なので半額負担だけで済みます。

一方、農家は自営業のため、全額自己負担になります。

 

オススメの貸し農園

シェア畑

超初心者でも手ぶらでOKな貸し農園

貸し農園サービスの中でも一番オススメ!

農作業はストレス発散に効果的なので30代の子育て世代に大人気。

迷ったらココで間違いなしです。

-未分類

Copyright© 農業初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.