農家が教える「農」のあれこれ

農業初心者ガイド

シェア畑の解説

貸し農園に無理なく通える距離は?

更新日:

貸し農園を借りるにあたって自宅から農園の距離はかなり重要です

特にこれから野菜作りを始める初心者の場合は、気軽に通える距離である必要があります。

貸し農園までの距離は重要

初心者の場合は、野菜作りの知識は少ないですから野菜作りに集中したいです。

農園までの距離が遠くてしんどいなどといった、野菜作り以外の部分のハードルを下げる必要があります。

もし初心者が下記条件で野菜作りを始める場合どうなるでしょう?
【条件】
・畑まで片道1時間30分程かかる
・アドバイザーによるサポートなし、道具も自分で準備しなければならない

この場合、2つの問題がでてきます。

野菜を作る上での「栽培上の問題」、そして「畑まで通う距離」の問題になります。

野菜は植えれば勝手に育つと思われがちですが、きちんとした知識がないと育ちません。

最初は思った通りにいかない場合が多く、失敗もあります。

貸し農園を途中で辞めてしまう人によくありがちなのが、なかなかうまくいかない→距離が遠いので行くのがめんどくさくなる→辞めてしまうというパターンです。

これはアドバイザーがいれば、指導してもらえるのでリタイアする可能性は低くなります。

アドバイザーがいる貸し農園を選択する対策も効果的です。

貸し農園を選ぶときのおすすめ距離

おすすめの距離は車、電車で30分圏内で通える貸し農園です。

最初のうちは手軽に通えることに重視します。

30分程度であれば畑まで通う心理的ハードルも低くなります。

また、電車を利用する人は駅(バス停)から距離、車の人は駐車場からの距離に注意します。

駐車場がある貸し農園も多いですが、駐車場から離れすぎていないかなどを確認します。

タイプ別 貸し農園の選び方

週末利用する方、平日仕事の終わりに利用するかたなど使い方によって選ぶときに違いがでてきます。

タイプ別の抑えるべきポイントを紹介します。

上での書いている30分圏内はどちらも共通です。

週末だけ利用する場合

週末だけ通う場合は、自宅から畑へ通うことを想定し、貸し農園を選びます。

休日だから大丈夫といって、遠すぎる貸し農園を選ばないように注意します。

平日も通う場合

仕事帰りの平日に通う場合はなるべく自宅よりに探すのがおすすめです。

これもハードルを下げるためです。

会社よりもさらに離れた場所は、仕事終わりに通うのがしんどくなりますよ。

電車を利用する場合は、通勤沿線上にある貸し農園を探します。

電車の混雑も考慮して探す必要があるので、電車の乗り換えや混雑も十分に考慮してください。

シェア畑の無料見学で無理なく通える距離通える距離かどうかをチェック

貸し農園のシェア畑は、サポート付き農園のため1人っきりでやっていて、うまくいかずに辞めてしまうといったことが少ないです。

実際に契約する前に無料見学が可能です。

まずは、無料見学を申し込んで、無理なく通える距離かを判断することをおすすめします。
公式サイト
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

 

オススメの貸し農園

シェア畑

超初心者でも手ぶらでOKな貸し農園

貸し農園サービスの中でも一番オススメ!

農作業はストレス発散に効果的なので30代の子育て世代に大人気。

迷ったらココで間違いなしです。

-シェア畑の解説

Copyright© 農業初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.