農家が教える「農」のあれこれ

農業初心者ガイド

未分類

農家に嫁ぐのはヤバい?不満の原因と理由

投稿日:

農家は、サラリーマンと違って特殊な職業です。

農家の息子と結婚して農家に嫁ぐというイメージは農家出身でないとなかなか出来ません。

農業未経験で都会に住んでいた方が、田舎の農家に嫁ぐと高い確率で「失敗した」と感じてしまいます。

農家に嫁いだ場合のよくある不満や失敗談を紹介します。

 

農家に嫁ぐと不幸が多いイメージ

農家に嫁ぐと不幸なイメージが多いです。

親との同居や農作業の手伝いなど、ストレスが溜まることが原因です。

そのため、農家に嫁ぐ=不幸と言われています。

 

同居するかどうかが最大のポイント

農家に嫁いで失敗しないために、1番重要なことは親と同居するかどうかにかかっています。

農家に嫁いで失敗したといっている人のほとんどが旦那の親との同居が伴っている人達です。

農家の場合は、家族全員で手伝っていることが多いです。

ですので、家族であり仕事仲間でもあります。

じわじわとストレスがかかってきます。

 

田舎はストレス発散するのが難しい

田舎では、都会のように電車に乗ればショッピングや友達とカフェでストレス発散なんてこともなかなか難しいのが実情です。

 

手伝わなくていいは信用してはダメ

結婚する前の「手伝わなくていいから」は信用してはダメです。

農業は男性だけでやっており、義母を含めた女性は一切手伝っていないなら「手伝わなくていい」は本当かもしれません。

しかし、女性を含めた家族でやっている場合は、嘘だと思った方がよいです。

家族は、農作業を手伝っているのに自分だけ手伝わない場合は、家族から冷たい目で見られることになります。

初めは手伝わなくて良いと言っていた家族からも「こんだけみんなが忙しくしてるのにちょっとは手伝う気にならないの?」という雰囲気になってきて、居辛くなってきます。

 

農業は好きじゃないと辛い

農作業は、体力勝負の部分があり慣れるまで大変です。

老人がやってるくらいだから余裕だろと甘くみてると痛い目にあいます。

実際に農業をやってみたい!という男性に1日手伝ってもらっただけでも、サラリーマンの方が楽だといって辞めて行く人も多いです。

それくらい肉体労働なんです。

 

農家へ嫁ぐ成功の鍵は”手伝い、同居の有無を見極める”

農家へ嫁ぐのは失敗が多いと言われていますが、成功のカギは”手伝う必要があるか?と同居があるか?を見極めることです。

手伝う必要があるのか?を見極めるには、女性陣が農作業の手伝いをしているかを見ればわかります。

実際に女性陣が農作業を手伝っていない場合、嫁いでも手伝う必要がないことが多いです。

女性は手伝わないことが当たり前になっているためです。

もう1つは、同居の有無を見極めることです。

結婚する相手の男性が親と同居する気がなければ良いですが、「同居しても良い」と思っている場合は要注意です。

しっかりと自分の主張をしておく必要があります。

オススメの貸し農園

シェア畑

超初心者でも手ぶらでOKな貸し農園

貸し農園サービスの中でも一番オススメ!

農作業はストレス発散に効果的なので30代の子育て世代に大人気。

迷ったらココで間違いなしです。

-未分類

Copyright© 農業初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.