農家が教える「農」のあれこれ

農業初心者ガイド

シェア畑の解説

貸し農園 シェア畑 初心者におすすめな広さは3~6㎡

更新日:

シェア畑で野菜作りを始めようと考えた時にどの広さを選んだら良いか迷いますよね。

どこのシェア畑でもだいたい3㎡、6㎡、8㎡のように広さを選択できるようになっています。

広さによって料金も変わってくるため、初心者にはどの広さを選んだらよいのか迷いますよね

初心者におすめの畑の広さをご紹介します。

 

初心者は3~6㎡の小さめがおすすめ

まず、今回紹介するおすすめの畑の広さのモデルとして以下を定義しています。

・全く野菜を育てたことがない初心者
・主に週末に畑に行くことを前提にしている
・家族は3人(子どもは小さい)

たとえば、毎日畑に行く予定であれば3㎡ではなくて10㎡でも良いかもしれません。

初心者の方に多いのは、大きな畑を選んでしまうことです。

せっかく野菜作りを始めるんだから、いっぱい野菜を作りたいとの考えがちですが、とりあえず大きい畑を選択するのはあまりおすすめしません。

初心者に理想の広さは、3㎡~6㎡です。

シェア畑では、だいたい1番小さい畑が3㎡からありますので3㎡から始めるので良いと考えます。
畑が狭い分、料金も安いですし。

 

初心者には小さい畑をおすすめする理由

3~6㎡の小さめな広さをおすすめする理由を説明していきます。

 

手入れが楽ちん

畑が広くなると手入れも増えて来ます。

初心者は自分で手入れできる範囲で始めるのがおすすめです。

畑で育つのは野菜だけじゃありません。

雑草だってどんどん育ちます。

畑が広いと草を抜いたり手入れする範囲も増えてきます。

まずは自分が面倒を見きれる範囲でスタートするのが良いです。

 

成長の過程を楽しむことができる

せっかく野菜を作るんですから、日々成長していく過程も楽しみたいです。

小さい畑だと野菜の小さな変化にも気付くことができ、野菜を育てるコツも早く習得できます。

栽培技術で野菜の味も変わってくるのでじっくり育てるのは大切です。

さらに、自分の手で野菜を育てている実感を感じることができます。

成長の過程を楽しむことができ、ストレス発散にもなります。

 

家族で食べる分の収穫量が確保できる

小さな畑でも意外と多くの野菜が取れます。

小さい子どもがいる家庭だと、3㎡~6㎡の広さでも十分な野菜が収穫できますよ。

特に夏になると収穫量も増えますので、大きな畑を借りてしまうと、家族では食べきれない量ができてしまうこともあります。

 

まとめ

初心者の方はまず自分が面倒を見きれる3㎡~6㎡程度の大きさからスタートして、野菜を育てるコツと野菜を育てる楽しさを味わうのがおすすめです。

あまりいっぱい野菜を収穫しようと欲張らずに時間をかけてじっくりと育てる姿勢でいきましょう。

シェア畑では畑の広さを選択することができます。

3㎡、6㎡、8㎡など選択可能になっているので自分のレベルに合わせて広さを決めれます。

【公式サイト】無料体験申し込みはこちら

シェア畑に関しては無農薬野菜を作ることができるシェア畑の特徴とメリットは?で詳しく説明しています。

 

オススメの貸し農園

シェア畑

超初心者でも手ぶらでOKな貸し農園

貸し農園サービスの中でも一番オススメ!

農作業はストレス発散に効果的なので30代の子育て世代に大人気。

迷ったらココで間違いなしです。

-シェア畑の解説

Copyright© 農業初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.