農家が教える「農」のあれこれ

農業初心者ガイド

未分類

農業の助成金は農業をはじめる人に強い味方

投稿日:

農業を始めるのに一番不安なのがお金の心配です。

生活できるのか?などの不安を排除するため農林水産省ではいくつかの助成金を用意しています。

補助金の中でも農業を始めたばかりのタイミングで使用できるのが「農業次世代人材投資資金」です。

この補助金は就農時の金銭的不安を軽減し、就農を後押しする目的で交付されます。

 

農業次世代人材投資資金の種類と使えるタイミング

農業次世代人材投資資金(旧:青年就農給付金)は「準備型」と「経営開始型」の2種類に分かれており、使うタイミングが違っています。

研修時には農業次世代人材投資資金(準備型)

自分で農業を始める前にまずは農家で研修するなど下済みする時に使えるのが準備型です。

準備型では150万円が最長2年間交付されます。

独立時には農業次世代人材投資資金(経営開始型)

独立、自営で農業を始めて経営が安定するまでに使えるのがこの経営開始型です。

150万円が5年間交付されます。

準備型 経営開始型
給付額(最大)  150万円  150万円
年数(最長)  2年間  5年間

 

助成金のメリット

メリットはなんといっても金銭的な支援を得ることができる点です。

十分な資金を準備して、お金に心配がない状態で就農するのであれば別ですが、ほとんどの場合は、貯金を就農資金に回しており貯金がほぼ無いからスタートすることになります。

そんな中で年間150万円の交付を受けることは精神的にかなり安定します。

 

助成金のデメリット

助成金の一番大きなデメリットは途中で農業を辞めると交付金の返還義務が発生する点でしょうか。

新規就農して農業を続けていければ問題ありませんが、途中で農業を諦めてしまった場合には、返還義務が生じることがあります。

これは当然ですよね。

助成金はこれからの農業を背負っていく人を育てることが前提のため、わずか数年でリタイアされると投資した意味がありませんから。

途中で辞めるならお金返して!ということです。

 

本気でやる人は助成金を受けるべし

準備型、経営開始型ともに年齢などの制限事項がありますが、そこまで重大なデメリットはありません。

本気で農業で食べていく決心をして、就農する人ならですが・・・。

逆に軽い気持ちで就農すると想像と違った、やっぱり会社員に戻ることになりかねないので注意が必要です。

オススメの貸し農園

シェア畑

超初心者でも手ぶらでOKな貸し農園

貸し農園サービスの中でも一番オススメ!

農作業はストレス発散に効果的なので30代の子育て世代に大人気。

迷ったらココで間違いなしです。

-未分類

Copyright© 農業初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.